トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    売却希望の車を見積もりする場合には、カーナビシステム等の付属品がついた状態だと基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    しかしながら、最近発売された車にはカーナビが付いていない方が珍しいので、最新式のカーナビでない場合には大幅な査定金額のアップは望めないでしょう。

    そして、同じ理由によってカーナビシステム非搭載の時には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    中古車を査定するときに絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格で中古自動車査定士というものが存在し、国が推奨している資格になります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    実務経験が半年以上あって、学科と技能試験に受からないと取れませんから、この中古自動車査定士の資格所持者は、ある一定以上の経験や技能があるということがうかがえるのです。

    これは中古車査定の場合だけではなくて、どのような分野に関しても言えることですが、ネガティブなレビューは存在します。

    数個の悪い口コミを発見しても、それらの悪い口コミにだけ左右されると結果的に何も手に付かない事になるでしょう。

    レビューはあくまでレビューとして参考にするだけで、頑張って無料査定をしてみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることが最善の方法なのです。

    高級車のイメージがある輸入車ですが、国産車よりも中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。

    外国製の車は国内での流通量が国産車より圧倒的に少ないため、市場価値の判断がつきにくく、仕入れれば売れるというものでもないので査定額も地域や店舗によって差が出やすいのです。

    安値で買い叩かれないようにするためには、同じ条件で複数の買取業者に買取り価格の見積りを出してもらうことが有効でしょう。

    車買取では保険などと同じように一括見積りサイトの利用が便利です。

    これなら極めて短時間のうちに何十社もの査定額を知ることができます。

    車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、ちゃっかり査定費用が盛り込まれていることがあります。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、本来確認すべきことが疎かになってしまうため、査定手数料が必要なのかどうか契約前にはっきり聞いておくべきです。

    査定手数料をとる場合でも事前交渉によっては無償にしてくれることもあります。

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

    実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら不要と見られ、値段がつくことはないのです。

    しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものはユーズド品でも人気のある商品なので、ひと手間かけて外して単体で売るとそこそこ良い価格がつきます。

    美品のブランド製品などはこちらが思っているより高額で売れることがあります。

    愛車を手放した後から、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を通達されることがたまにあります。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば自分側が悪いと言えますが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分に非はないのです。

    業者が納得いかない言い分を通そうとしている場合には、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると相談するとむやみに悩まなくても解決できます。

    自分以外、たとえば家族や親類名義の車であろうと、売却のための書類さえ揃っていれば売ることはできます。

    まず売買契約に必要な書類のほかに、車検証に記載されている所有者の印鑑証明と、実印を押印した委任状、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    案外多い例ですが、相続のように故人名義となっているときは、譲渡証明書も委任状も書けませんし、そもそも印鑑登録も無効です。

    このような場合は、車の所有権の移転登録を行い、新しい名義人の所有物になってから売却します。

    その場合は書類も増えますし、相当な労力と時間がかかることは否めません。

    3月や9月の企業の決算時期やボーナスの出る時期など、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    市場で需要がアップするときには車の需要につられて中古車買取の相場も高くなるからです。

    でも、車を売ろうと決心したときがこれらの時期とかけ離れているときには、それらのタイミングまで待つ方が良いというわけでもないのです。

    売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。