トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    ほとんどの場合、大企業の中古車買取店舗では、いろいろなキャンペーンをいつも行っていますね。

    景品等の多くは車を売ることで受け取れるのが一般的ですが、キャンペーンの中には無料査定をするだけで対象になるケースもあるのですよ。

    詳細を述べると、決まったサイトから査定申し込みをするとネットで使えるポイントが受け取れる等のシステムです。

    無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、査定だけでプレゼントが貰える場合があれば申し込んでみると良いですね。

    車体に凹みやキズがある中古車は低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人修理することは止めた方が無難です。

    査定前に個人で修理しても、修理費用以上に高く見積もってくれる保証はないからです。

    自分で直そうとするよりも、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方がコストを抑えることができてしまうからです。

    何も中古車買取査定の場合だけに限ったことではなくて、どんなことにでも同じ事が言えると思いますが、口コミには否定的なものが絶対あるのです。

    数個の悪い口コミを発見しても、それだけに左右されると何も出来ない状態になってしまう場合もあるでしょう。

    皆さんのレビューはあくまで参考程度にとどめて、先ずは自分から無料の査定申し込みを行ってみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることが最良の方法となるに違いないのです。

    中古車買取業者の訪問査定を受ける際は、雨の日や夜など薄暗いときにすると良い査定が得られると一般に言われています。

    暗くて反射光も少なく車体が見にくいため、マイナスポイントがつきにくいというのがその根拠だそうです。

    とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。

    実際にはいつ来ても構わないという気持ちで数多くの買取業者に車を見てもらい、値段をつけてもらう方が効率的です。

    ひとつの契約のために複数の業者に張り合えば、結果的に査定金額も高くつけざるを得ません。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

    中古屋の買取額とディーラーの下取額が同じであれば、査定手数料分だけ下取の方が損ということになります。

    業者の無料査定を経験した人ほど確認するのを怠りがちですので、安易に契約せず、査定にかかる費用はいくらかかるのかいま一度はっきりさせておきましょう。

    仮に有料だったとしても、そこはディーラーにとっては不利ですから、交渉の余地ありということになります。

    中古車として改造車を売却する際、改造はどう査定に響くのかというと、一概にこうだと言い切ることはできません。

    もし改造に使用したパーツが市場でも人気の品物なら評価も多少加点してもらえる可能性があります。

    しかしその部分に劣化や損傷が認められれば業者は買取後に修理しなければいけないので、むしろ減点になる場合もあるわけです。

    ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、マイナス要素になりえます。

    減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。

    自動車に掛かる税金の話をすると、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    しかしながら、車を手放すときには、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、損したと思うようなことはないのです。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    還付制度がないと言っても、税金支払いの期間が残っている場合、その金額を上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    近頃市場に出回っている自動車ははじめからカーナビシステムがついているのが多数派となってきました。

    カーナビがはじめから付いていることが多くなったために、カーナビがあってもあまり査定額が高くなることはなくなりました。

    例外として、後から高額なカーナビシステムを装備した場合に限っては査定額アップが望めるでしょう。

    高額なカーナビシステムを取り外すのが簡単ならば、査定や下取りに出す前に取り外しておいて別途オークションに出品した方が得になるケースも出てくるでしょう。

    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、ある条件を満たしていれば自動車を手放すときに還付金をもらうことが可能です。

    ある条件とは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

    自動車買い取りに出したりして売る場合には保険金は還付されません。

    更に、保険金の還付があったとしてもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    自らが保険会社に対して手続きをしてはじめて還付されます。