トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    たいていの場合、買取業者から中古車売買に関する査定書を出してもらうことは難しく、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

    例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会、通称JAAIに中古車の査定を申し込まなければなりません。

    自動車査定協会の支店は国内に50ヶ所以上存在していて、有料での査定になっています。

    さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。

    一般的に、中古車査定業務において持っていなければならない国家資格はありませんが、国家資格の代わりに国が推奨する民間の資格として中古自動車査定士があります。

    中古自動車査定士の資格は日本自動車査定協会によって認定されるものであり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと取れませんから、この民間資格を所持しているならば、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということを証明してくれるはずです。

    程度問題というところもありますが、車内がたばこ臭い場合は中古車売買の際にはマイナス査定の対象になります。

    喫煙の形跡がある車というものは、タバコを吸わないユーザーには売ることは至難の業だからです。

    この煙草の臭いの元は、ヤニ汚れで、車内のどこかしらに存在しているはずです。

    査定してもらう前に丁寧に車内を清掃してあげれば、大幅に臭いを抑えることが出来るでしょうね。

    個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに車の価値を算出していきます。

    標準的なレベルを元にそれより上か下かを項目ごとに見ていき、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

    比重の大きなチェックポイントは、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、走行キロなどで、当然ながらメーター付け替えは違法です。

    専門家は多数の車を見てきていますし、修理歴を隠蔽したところでうまくいくはずがありません。

    それよりは誠実に価格交渉する方がトクです。

    ボディのヘコみ、バンパーなどの擦りキズは、中古車の売却査定の際にしっかり確認されます。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、チェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

    査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで買取額でその修理費の元がとれることはまずないと考えて良いでしょう。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

    車本体は交換が効きませんがタイヤならすぐ替えられますし、車を中古車市場に出す時に業者がタイヤを交換することもほとんどだからです。

    タイヤは交換が容易な消耗品ですから、車全体の査定額に及ぼすマイナスはたいしたものではありません。

    タイヤを新品に替えたとしても査定でトクをすることは、まずないと覚えておいてください。

    本来ならば車を売るときには、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

    しかしながら、自分でそれらの傷を補修しようと考えると、プロが見ると却って目立ってしまうことがあるのです。

    誰が乗っても自然に付いてしまうようなごく薄い傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、無理矢理に修復しようと試みずに、下手に修復せずに査定に出した方がベターです。

    どの程度残っているかにより事情は違いますが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    勿論、車検が切れてしまっている車より長期間の車検が残っている方が有利になります。

    しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだとそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

    そうはいっても、売却前に車検を通すことは無意味であると言って良いでしょう。

    一般的に車検費用と査定アップされる金額では、前者の方が金額が高くなる場合がほとんどだからです。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、残りの有効期間が半年を切るようになってしまうと見積金額アップは望めなくなります。

    でも、査定金額の上乗せを期待して自動車を売る前に車検をする必要はあまりないと言って良いでしょう。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。