トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    出来るだけ自分の車を高値で売却する為に車の買取専門業者と金額交渉の際に肝心なのは、こちらから軽々しく価格を口にしないことでしょう。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、相場の金額を確認していないのならば相場よりも低めの価格を希望金額として提示してしまう可能性が高くなるので、そのようなときには自分から損をしてしまいます。

    査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、前もってしっかり相場価格を把握しておく必要があるでしょうね。

    現実的に中古車買取店巡りをしなくても、一度に何店もの見積もりの額を比べることが可能なのが、インターネットを利用した一括査定サイトの利点です。

    時間的余裕がない人でも、複数の査定がいっぺんに出来てしまうのは素晴らしいですね。

    但し、多数の店舗に一括査定しているため、メリットばかりだけではなくて、後から後から、数多の買取業者から電話が来ることになるはずです。

    電話攻撃に疲れ果ててしまったり、単なる査定だけでは済まされない雰囲気で売却を迫る会社があるデメリットがあることを知った上で賢く利用する事が必要でしょう。

    中古車の見積金額が腑に落ちないものだった場合に、その場で売却を断っても問題にはなりません。

    複数の買取業者に査定をお願いして比べてなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して実際の取り引きをする方が良いでしょう。

    反対に、売買契約書を締結した後からの車の売却キャンセルは難しいか、たとえキャンセルできたとしても損害賠償金が発生する可能性があるのです。

    賠償責任の有無などに関しては契約書に詳細を明記する決まりですので、きちんと契約書を読んでからサインすることが重要になってきますね。

    一般に乗用車というのは初年度の登録から数えて、何年落ちといった言い方をするものです。

    よく混同しやすいのですが、製造年ではなく初年度登録(車検証を見るとわかります)がベースなのでわからなくなったら車検証を見てみましょう。

    価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。

    中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、買う側から見れば状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。

    満足できる査定結果が得られ、車を売却しようという段階になったら所有者は書類を複数用意しなければなりません。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので不明点があったら営業担当者に確認してください。

    必ず必要になるのは車検証で、そのほか自動車リサイクル券(預託証明書)、自賠責保険証明書、最新の納税証明書の原本が必要です。

    また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車ならよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

    車を売却する一括査定サイトがあるように、複数の保険会社に一括して見積もりを依頼するサイトがあるのはご存知でしょうか。

    生命保険などと違い、自動車保険は満期になろうと一銭も戻ってこない掛け捨ての保険ですから、掛金が同等レベルだったらサービスが充実しているところに乗り換えたほうが加入者にはメリットがあるのです。

    中古車一括査定や生命保険一括見積りのサイトなどと考え方は同じで、誰でも無償で利用できるのが特徴です。

    手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比べることもできます。

    常に最新の保険データなのも嬉しいところです。

    これから車を中古車として売るならやるべきことというと、少なくとも2つあると思ってください。

    ネットの査定サイトをうまく使ってとにかく最新の相場を知ることが不可欠です。

    自分の車の価値をだいたいでも把握しておかないと、実勢価格より安い値段で売却してしまうことだってゼロとは言い切れないからです。

    あと一つしておくべきことは、車磨きです。

    つい外側に磨きをかけてしまいがちですが、どちらかというと力を入れたいのは車内のほうです。

    内装に付着しているニオイのもとをとっておかないと、査定士はマイナスチェックをしますし、使用感のある車は好まれません。

    一般的に中古車を見積もりする場合には、傷やへこみなどが目立つとマイナス査定になるでしょう。

    目立ってしまう傷や凹みを自分で修理しようとするのは良くありません。

    修理の腕前が一定以上でなければ、パッと見た際にはキレイに見えたとしてもプロの査定士が判断すれば綺麗に修繕されていない可能性も高いからです。

    自己流の修理ではいけないからと言って、売る前にきちんと修理をお願いした方が良いということではないのです。

    修理にかかった費用以上に査定額が高くなることは望めず、結果的に自分が損をしてしまうだけだからです。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    ただ、1万キロというのは目安としかならず、旧型の自動車の場合には通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。

    車売却の際にはなるべく走行距離が少ない方が査定額は高くなります。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、単純に走行距離数が少ない方が査定額アップが大きいとは言えなくなってきます。