トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは中には嫌がる人もいますので、査定時にマイナスされる傾向が出てきます。

    そうは言っても、車の査定金額はオークション相場のタイミングによって変動するものなので、流行があれば一定の色が査定見積もりの際に高値をつけるということも起きてくるのです。

    売却予定の車に傷などがある場合には低い査定金額を提示されることがほとんどです。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

    自分でキズやへこみを直したといっても、修理に要した費用以上に高く見積もってくれる保証はないからです。

    買取希望の車を自分で直すより、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方が費用を低く抑えることができるからです。

    個人でインターネット上の中古車一括査定サイトを利用する場合に短所になることと言ったら、査定サイトに登録されている中古車買取店舗から一気に勧誘の電話がかかってくることがあるでしょう。

    まあ最初はこちらからサイトを利用したわけで、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、ストレスがたまるほどしつこく何度もかかってくるときには、売却先が決定していなくてももう手放してしまったと言い訳をするのが一番楽に断る方法でしょう。

    個人使用の乗用車の場合、走行距離は一年あたりおおよそ1万kmが標準といわれています。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、査定時にもその程度ごとに減点対象となり、これが10万キロともなれば過走行車扱いでゼロ円査定などという可能性もあります。

    また、走行距離でいうと、短すぎるというのも実はあまり良いとは言えません。

    例えば年式のいった車の場合、走行距離があまりにも短いと外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっているケースもあり、リスク回避で低い値付けになる場合があります。

    なるべく高く売りたいなら複数の業者に競合見積もりさせるべきですが、そのためにはインターネット上の中古車買取一括査定サイトを活用するのも手です。

    PCだけでなくスマホからも申し込めるため、いつでもどこでも査定を申し込むことが可能です。

    欲しかった査定結果が提示されたら、査定額の高いところから順に今後の話をすることにして、あとは断りましょう。

    しつこく営業電話を繰り返しかけてくる業者もないわけではないようですが、あなたがそこに売ると決めたのでない限り、きっぱり断りましょう。

    もし売却予定の車のホイールが他メーカー製であれば、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことをおすすめします。

    例外はあるかもしれませんが、ホイールは純正品のほうが万人受けするという意味で高い査定をつけてもらえます。

    良い状態をキープできるよう、屋内か、でなければカバーをかけるなどして大事にしましょう。

    別注ホイールはそのコンディション次第ではフリマアプリなどで高値売却できる例もあるため、キズをつけないようにしましょう。

    中古自走車を売却する際には、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかしながら、新たに買った自動車に対しては、車庫証明の手続きをしなければしけません。

    これに関しては、自動車販売店が代わりに手続きをやってくれる場合が多いですが、自分自身の手で手続きをしに行くことも出来ますよ。

    多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、挑戦しても良いのではないでしょうか。

    手続きをするときには、前に乗っていた車はどうなったか説明しないといけないので、車の売買契約書を持って行きましょう。

    新車購入時に今まで乗ってきた車の方はディーラーに下取りに出す人は多いのではないでしょうか。

    買ったところで売るのですから、中古車屋に売る面倒も省けてスピーディーかつ手軽に車の処分ができます。

    とはいえ、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、中古車屋による買取りの方が高額になるのは確かです。

    利益は多い方がいいというのであれば、下取りには出さずに買取業者に査定を依頼しましょう。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    しかしながら、1万キロメートルというのは目安で、年式が古い車の場合一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    車を買い取りに出す場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないと調子を崩すことが多くなってきます。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。