トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、少々査定額が高く出るという話があるようです。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって外装の汚れや傷などが分かり難くなると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。

    そんな説があっても、じつのところそれで高値を付けてしまうほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。

    それどころか、万が一見落としていた場合のことを考慮して、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    ボディにキズやへこみがある場合には査定金額が低くなるのが一般的です。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に自分でそれらを修理するのは得策ではないでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、個人で直すのにかかった経費より多く高く見積もってくれる保証はないからです。

    買取希望の車を自分で直すより、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    中古車買い取り店は多数ありますが、ほとんどの場合、見積もりに要する時間は待っているロスタイムを除いておおよそ15分弱でしょうか。

    10分少々で済むのは、車種ごとに査定時点での中古車オークション相場などを参考にして事前にベースになる中古車の査定金額が決められており、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、これらに応じた加算や減算をすることによってすぐに査定額を決定出来てしまうからに他なりません。

    車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、高額査定を引き出すコツと言われています。

    では何社くらいに依頼すれば良いのかというと、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    そもそも複数の会社に依頼する意味は、売却の指針となる相場をつかむことであると同時に、他にも競争相手がいるということで全体的に査定額が高くなることを期待したものです。

    目的が達成できるのでしたら、複数というのは何十社でも数社でも意義があるということになります。

    時間と手間を考慮して決めると良いでしょう。

    実車査定に来た業者は決められたシートにのっとって対象車の市場価値を計算するのが常です。

    未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じでひとつひとつ念入りに見ていくので、見落としというのはまずありません。

    中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、事故歴、修理歴、傷、故障、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。

    専門家は多数の車を見てきていますし、修理歴を隠蔽したところで隠しおおせるとは思わない方がいいです。

    いつにもまして念入りに車内の掃除をしたり、洗車済みであろうと査定項目には清掃などはないので買取額への直接的な影響はありません。

    ユーザー個人が出来る掃除であれば買い取ったあとで業者がしても変わらないという考えが背景にあるのでしょう。

    といっても、利点がないわけではありません。

    掃除の行き届いた状態で査定に出せば、大事に乗っていたのだろうと思われますし、車の値付けや取引をしているのは人間ですから、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。

    中古自動車の売却の時には、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

    故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

    どのような故障かによってマイナス査定される程度は異なりますが、予め修理を依頼してから査定に出すのでは逆に損をする結果になることが多いのです。

    車を買い取った後から業者が修理に出すときのお金と個人が修理するために出す費用では、前者の方がグッと安くて済むのです。

    このようなわけで、査定額に上乗せされる金額では事前修理代金がまかなえないのですね。

    当たり前の事ですが、自動車を買う人が多い季節は、売却側にとっても自動車が高く売れる好機であるのです。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、買取価格は自然と上がります。

    企業の決算月である3月と9月は中古車販売店はいつもよりも車を売ることに注力するので、上手く交渉すれば査定額を高く買い取ってもらうことも可能でしょう。

    9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり中古車の売れ行きはアップするのでお勧めの季節ですね。

    新車購入時に今まで乗ってきた車の方が不要になるので、ディーラーに下取りしてもらうというのはよく聞く話です。

    車でディーラーに行けば購入の商談中に下取り査定も済んでしまいますから、わざわざ別の中古車買取店に売るのと違い、時間も労力もかなり減らすことができます。

    そのかわり、買取(下取)金額という点で見るとディーラーと中古車屋では、下取り価格は業者買取価格より安くなるといった違いがあります。

    利益は多い方がいいというのであれば、買取業者に査定してもらった方が、満足のいく結果が得やすいです。