トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    ご存知の人も居るでしょうが、ネット上において買い取ってもらいたい車の見積もりをまとまって何社にも査定を依頼可能な、中古車の一括査定サイトが山のようにあるのですよ。

    査定額を出してもらったら売却するべきという決まりはありません。

    しかも、利点としては、数多く存在する買取業者に出向く必要性がなくなるのです。

    そうはいっても、会社によって電話勧誘がしつこいところもあるので、自分に直接電話連絡されたら面倒だという方は、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    何も中古車に関してだけとは限らないでしょうが、毎日売却の査定額は変わっていきます。

    例を挙げると、オープンカーは夏期限定になりやすいなど、一定の車種によっては相場が高値になる地域や季節柄が大体決まってしまうこともあるのですね。

    反対に、どのような車を査定に出してもいえることは、たいてい初年度の登録日からの経過日数が浅い方が査定額がアップすることが多いでしょう。

    実際に売却を決定したらちょっとでも早く決めてしまう方が高額査定してもらえることでしょうね。

    インターネットを通じて中古車一括査定を実施したいが、できるだけ個人情報の記載をせずに査定をお願いしたいという場合には匿名で査定可能な一括査定サイトを利用すると良いですね。

    しかし、匿名で実施可能なのは無料で行える査定までです。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、車を実際に売るときには、名前などの個人情報公開は必須となるのです。

    車の買取専門店は古物営業法という法律に従って、買取をした相手の住所や名前などの個人情報をきちんと記載しなければならない義務があるから致し方ないのです。

    業者から高額査定を引き出すコツとしては、一社だけでなく複数の買取業者に査定を出してもらうのがお約束です。

    そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに何件もの業者を回れるかというと、不可能ではないものの疲れてしまうでしょう。

    そのような状況を回避するには、中古車一括査定サイトを利用するのが一番です。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、極めて短時間で成果を得ることができます。

    唯一の欠点は複数の会社から電話が来ることです。

    チェックを入れた会社から競うように電話連絡が来るのは避けられませんから、覚悟は必要かもしれません。

    見積りの結果に納得して車を売却しようという段階になったら必要に応じていくつかの書類を整えることになります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので注意しなければいけません。

    必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、自賠責保険証、リサイクル預託証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    それから取引の際は実印と、業者の指定する期間内の印鑑証明書が必要です。

    しかし軽乗用車に限っては実印ではなく認め印で済むので印鑑証明書も要りません。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで査定対象となる車の修理歴や事故歴はわかってしまいます。

    事実を隠すという行動は買取業者に対して詐欺を働くのと基本的には同列のことですから、そうなると価格交渉どころではありません。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは法律上では告知義務違反に相当する大問題で、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    こういった事態に対応するために、契約書に目を通すとほぼ100パーセントの確率で申告や隠蔽に関する記載があります。

    既に支払いを済ませた自動車税が月割りで戻ってくる場合があります。

    これはどのような時かというと、普通自動車を売却しないで廃車にしたときだけです。

    反対に軽自動車に関しては、自動車税は戻りません。

    しかしながら、自動車税の残り期間が相当余っている時などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。

    良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについて説明してくれる買取店ばかりあるわけではないのです。

    売却契約をする前に確認しておきたいことの一つですね。

    どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、車売却時に限定したことではなくて売り買いをするうえでの重要項目です。

    自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、書かれている文章の内容はすべて法的効力を有するのです。

    書かれている車の状態は間違っていないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、よく読んで確認してください。

    少しでも不安に思ったら自分が納得するまで担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、要らなくなった車を手放すのに適した時期というのは存在します。

    市場で需要がアップするときには一緒に買取価格も上昇するからです。

    そうは言っても、愛車を手放そうと考えたときが決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。

    車の買取相場が上がってそれなりに査定額も上がるでしょうが、車の価値そのものが下落することの方が大きくなる可能性も秘めているからです。