トップページ

    このサイトではプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。1つの買取業者のみとか、なじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心して使えます。
    提携業者も約1000社以上なので断トツの多さ!最大で50社にプリウスαの買取査定の依頼が可能です。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むといつくかの車買取業者から営業電話があることもあるのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話での連絡はありません。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「出来ることならプリウスαを高く売りたいから買取相場をチェックしたいけど、電話攻撃はちょっと…」と感じているならメール連絡で概算価格を伝えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが今乗っているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が他社に流れないので、電話連絡はユーカーパックの1社のみという業界では新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買い取り金額を入札するので、トヨタのプリウスαを高額買取してくれる買取業者が分かります。

    昔からある車査定の一括サイトなら、利用してすぐに多くの会社から電話で連絡があるのがお決まりだったのですが、ユーカーパックで申し込みをすれば電話は1本のみなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこい営業を受けることもありません。
    プリウスαの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    査定も電話連絡も1度のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今話題の新サービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サービスです。たったの45秒で入力が終わりますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「ネットで数年落ちのプリウスαの買取相場って分かるの?」という場合はおすすめです。

    申し込みをした後はいくつかの買取業者から電話が入りますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した優良業者のみが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取店から電話がかかってきた時は1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることでプリウスαを高く売ることができます。

    約10社の業者がプリウスαの査定額を出してくれるので、納得できる価格を提示してくれた車買取業者にあなたが大切に乗ってきたプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後にネット上で中古車の買取相場が分かる有名な車買取一括サービス。提携業者は200社以上あり、複数の業者が愛用のプリウスαを査定します。1社でも多くの業者に査定の見積もりを依頼することで査定額や業者の対応の違いを比較することができるので、複数の買取業者に依頼をして数年間愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポートチームも充実しているので査定依頼の相談も可能です。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天株式会社が運営している車買取の一括査定サイト。
    プリウスαの買取査定の依頼をするだけでも楽天5ポイント、ご成約(売却)でさらに1500ポイントが付与されるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたプリウスαを高く売却して、そのうえ楽天ポイントプレゼント!というのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の業者と比べると少なく感じますが、最大で10社の会社がプリウスαの査定金額を提示してくれます。

    公式サイトではデーラーの下取り価格と一括査定の価格差の事例が紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    幾らかでも安く買い取りを行って、少しの値段でも良いから高く売却するのが中古車を売買する営業マンや査定士の仕事ですね。

    プロの営業マンのセールストークを鼻から信じ込んでしまうと、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

    売却の前に自分の車の査定相場が大体このぐらいの金額になると確認しておき、相場よりも安価に契約しようとされたときに価格交渉するつもりで心の準備をしておくと営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。

    それならば、いざ見積もりに出そうと言うときには思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

    修理や事故の記録は残りますから、隠し通すことはできません。

    しかし、車についた汚れや臭いなどに関してはいくらかは自分でメンテナンスする事でキレイにすることができますよね。

    それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。

    自分が所有している車のおおよその査定相場を知ろうと考えたときに、Web上の中古車一括査定サイトにて知る方法もあるのですが、売却希望の車のメーカーサイトで見積額の参考値を確認することが可能です。

    自動車メーカーのHPなら個人情報を全く記載しなくてもその車の年式や車種だけで検索できるサイトもあるようですから、一括査定サイトを通して見積もりを出したときのように何度もしつこく電話が掛かってくることはないでしょう。

    中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。

    ネットでも査定額を知ることができるサービスが存在しますが、それは簡易査定ですので、現物を見た上で買取り価格が算出されます。

    価格と説明に納得すれば、車検証など必要書類一式や印鑑証明などを揃え、契約という運びになります。

    契約が済んだら車両の名義変更と引き渡しといった作業を終了したあと、指定した口座にお金が振り込まれ、金額が合っていることを確認したら売却の手続きはすべて終わったことになります。

    売却査定において、タイヤの状態は所有者が思っているほど価格に及ぼす影響は少ないでしょう。

    とはいうものの、もしスタッドレスを履いているままなら、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

    一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、真冬に残雪が残る地方というのは限られていますから、タイヤをノーマルに戻してからでなければ販売できません。

    ですから業者としてはスタッドレスは歓迎しませんし、タイヤ交換費の分を引かれた額が買取額となります。

    国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の相談が寄せられています。

    特に中古車売却についての事案は増え続け、減ることがありません。

    相談例の一部としては、ウェブの一括査定サービスに登録したところ、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

    たちの悪い業者に遭ったり、腑に落ちないことがあれば、冷静な第三者に相談することをお勧めします。

    車の売却をするうえで、車検の有効期間が丸々残っているような場合には、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、車検の残り期間が数ヶ月となると見積金額アップは望めなくなります。

    そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて車を手放す直前に車検を通しておく必要性は低いのです。

    車検の残り期間がたとえフルであったとしても、車検を通すためにかかった費用分を見積金額のアップで取り戻すことは困難なのです。

    派手に改造してある車は車検すら通すことが不可能です。

    しかし、このような改造車でも、買取りしてもらうことはできます。

    そうは言っても、一般的な中古車買取店では必ずしも買取可能だとは言い切れませんし、査定額が期待できない事を肝に銘じておいた方が良いかも知れませんね。

    売却するのが改造車の場合は、じゅうぶんな知識と理解があり、ちゃんと販売ルートも持っている専門の店舗に持ち込むことを選択すると良いですね。

    その車の状態によっては改造車でも高く査定して貰える可能性がアップします。

    親戚や家族が所有者として登録されている車も要件さえ整えば売却できます。

    売買契約時に通常の書類一式に追加する形で、名義人からの委任状(認印不可、実印のみ)と印鑑証明、売主に車を譲渡したことを証明する譲渡証明書の3つが必要です。

    ただ、所有者が故人のときは、委任状はおろか印鑑証明なども用意できません。

    したがって、運輸支局で移転登録を済ませ、車が新たな所有者のものとなった時点で売却が可能になります。

    一般的な売却と違い、亡くなられた方名義の車というのは必要書類も多く、手続きには時間がかかると見ていいでしょう。