トップページ > 鳥取県

    このページでは鳥取県でプリウスαの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「プリウスαの買取相場をリサーチして高く買い取ってくれる鳥取県の業者に売りたい!」と思っているならこのサイトで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのプリウスαを高価買取してもらうために大切なことは「鳥取県にある何社かの車買取業者で査定をしてもらう」ということ。1社の車買取店だけとかなじみのトヨタ正規ディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら明らかに損をするので考え直してください。

    車買取の一括査定ならサクッと入力完了するので時間がかかりません。鳥取県にある複数の車買取店からの査定額を比べることができるので、プリウスα(PRIUS ALPHA)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車の相場を知る為の一括査定サービス。中古車を売るならカーセンサーといわれるくらい知られているので安心して利用できます。
    買取業者の数も1000社超なのでダントツ№1!最大50社へプリウスαの査定の依頼をしてもらえます。

    中古車買取の一括査定サイトは申し込むと多くの買取業者から電話がかかってくることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話連絡が来ないのが特徴です。
    もちろん、鳥取県対応で利用は無料。

    「プリウスαを少しでも高く売りたいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額の回答をしてくれるカーセンサーがおすすめできます。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが所有しているプリウスαの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されない為、電話が入るのはユーカーパックからの1本だけという今までなかった画期的なサービス。

    最大2000社の車買取業者がオークションで概算価格を入札するので、数年落ちのプリウスαでも鳥取県で高額買取してくれる車の買取業者が分かります。

    一般的な車査定一括サービスであれば、利用してすぐに多くの会社から電話が入るのが利用の流れだったのですが、ユーカーパックを利用すれば電話連絡は1社だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    プリウスαの実車査定も自宅かガソリンスタンドでの1回のみです。

    電話も査定も1回のみで買取業者の約2000社が入札形式で買取価格を提示してくれるという今までにない画期的なサービス。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車査定一括サイト。わずか45秒もあれば入力ができますし、申し込みが終わるとすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「数年落ちのプリウスαの買取相場ってどれくらい?」と思っているならおすすめします。

    依頼申し込み後はいくつかの買取業者から電話がありますが、JADRIの審査を通過した優良企業のみと提携しているので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1回の査定で売ることを決定せずに、鳥取県に対応している複数の業者に査定を依頼することで長年乗ったプリウスαでも高額買取が実現します。

    最大で10社がプリウスαの買取査定をしてくれるため、最高額を提示してくれた会社にあなたのプリウスαを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の概算価格が表示される人気の車一括査定サイト。
    提携業者は200社以上あり、最大10社があなたが愛用したプリウスαを査定します。

    1社だけでなく複数の業者に査定依頼をすることで買取業者ごとの査定額を比較することが可能になるので、鳥取県に対応している複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したプリウスαを1円でも高く売却しましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心感があっておすすめできます。






    楽天オート

     楽天オートは、その名称から分かる通り楽天グループが運営している車一括査定サービス。
    プリウスαの査定依頼をするだけでも楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントをもらうことができるので楽天ユーザーなら使って損はしないサービスです。

    数年落ちのプリウスαを高額買取してもらって、さらに楽天ポイントがプレゼントされるのは嬉しいところ。
    提携している買取業者は約100社と他の一括査定と比べると少な目ですが、鳥取県にある最大で10社の買取業者がトヨタ・プリウスαの高額査定をしてくれます。

    楽天オートの公式サイトにはディーラー下取りと一括査定を利用した時の価格の違いが紹介されていますので、一度確認してみてはいかがでしょうか。







    一般的に、中古車査定業務において査定する人が所持しなければならない国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

    JAAI(日本自動車査定協会)により認定されるのが中古自動車査定士であり、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。

    学科試験や技能試験に受かることが必要で、半年以上の実務経験がないと授与されないので、中古自動車査定士の資格があれば、定められたレベル以上の査定が出来ることを証明してくれるはずです。

    車を売却する際に販売店との間で起こるかもしれないトラブルにはいくつかあるでしょうが、これらトラブルの中には実際に酷く質の悪いものもあるのです。

    一例を挙げると、業者が見積もりを出して車を引き取った後から、もう一度確認したら不備があったなどと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    もっと酷いケースになると、車だけ業者に渡すことになって、引き替えにお金が入らない場合もあるのです。

    これらのような質の悪いケースに巻き込まれたら、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。

    査定のために自分の足で買取業者まで行く時間がないときなどは、ほとんどの会社では、自宅等に出向いて行う出張査定を受け付けているのです。

    査定スタッフが車のあるところまで来てくれて実物を見て確認し、査定額をはじき出してくれるのです。

    このような査定の方法は、同じ時刻に何社かの査定スタッフに出向いてもらうのも自由です。

    このように複数の会社に同時に依頼することで時間も節約可能ですし、同時に呼ばれた査定士間で査定金額の競争が生まれますから最終的な査定金額が高くなることが期待できます。

    車体のキズやへこみ、塗装の擦れなどは中古車買取業者の査定士によってくまなくチェックされるものです。

    見てすぐわかるようなキズは当然ながら減点ポイントになりますが、言われて初めて気づくような薄いキズ等はチェックはされるものの、査定額への影響はほとんどないようです。

    時々、査定前に修理すべきかと質問されることがあります。

    しかし買取額でその修理費の元がとれることはまずないと考えて良いでしょう。

    個人と業者では修理コストが違うのですから当然です。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、よく過走行車と言われ、業者に査定に来てもらったところで、値段がつけられないなどというケースも多いです。

    また、事故車も値段がつきにくいと考えて良いでしょう。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている買取業者に相談したほうが値がつきやすいです。

    あるいは次の車に乗換える際にディーラーに下取りに出すと、そこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    車の査定を一社でなく複数の業者にさせるというのは、中古車屋に車を高く買い取ってもらうためのセオリーだといわれています。

    実際に何社以上の見積りをとれば良いのかと聞かれると、交渉次第というところもあって単純には決められません。

    わざわざ複数の査定を受ける目的は明らかで、市場価値を把握して安く売却するのを避けるということと、各社に競争させ買取価格の底上げを促すためのものです。

    そこさえ押さえておけば、複数というのは何十社でも数社でも結果的には問題がないということです。

    過去に事故を起こした車や総走行キロ数が10万kmを越える車だと、何社かの査定士にみてもらっても値段がつかないケースが多いようです。

    残された選択肢はというと、少々面倒ですが廃車手続きをすれば自動車税の還付を受けることもできますし、ワケありの車を専門にしている業者に打診する方法もあります。

    その場合は使える部品や部位については個別に査定を行うので必ず値段がつきます。

    簡単さでは専門業者に勝るものはないですし、納税したばかりなら自分で廃車手続きするのもありです。

    どちらにせよ、後悔がない方を選びたいものです。

    自動車購入を考えている人が多い時期が、売却サイドから考えても高く売れる好機であることに間違いありません。

    自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、当然のように買取金額も上昇します。

    3月と9月は企業の決算月にあたるのでその他の時期よりも販売店側は車を売ることに真剣になっているので、見積額の交渉も上手く行くことが多いと言えるでしょう。

    決算月であることに加えて、9月は夏のボーナスが出ている状況で車を買う人が多くなる時期ですから、中古車を手放すのにも適した時期となります。

    自動車税というものは、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。

    但し、自動車税ではなく自動車重量税については、廃車にする場合を除くと手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    そうは言っても、税金の支払い月数が残っている分だけ見積額にプラスしてくれるときもあります。

    自動車重量税については査定士と要相談ということですね。